2016.12.24

京都 北川星花 @同志社大学

top_nanahara_tsukino
七原 月乃同志社大学1回生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

夢は商品開発。人間行動学の学びを生かして。

同志社大学の文化情報学部ではどんなことを勉強していますか?

データから文化を読み解く方法について学んでいます。文化といっても芸術学や歴史学だけでなく、人間の行動や感性なども文化として扱っているんです。勉強する幅が広く、数字もたくさん出てくるので正直大変です。

面白い授業はありますか?

データを扱う授業はやはり面白いです。春学期の授業中では、「自分たちで紙ヘリコプターを作って、どの機体のタイプが一番滞空時間が長いのか」という実験をしました。自身で実験した結果を分析することは凄く楽しいです。
あと、「人間行動学」の分野も興味があります。人間行動学とは心理学や社会学の観点を取り入れ、人間の行動がなぜ起きるのか分析し解明しようとする学問です。私が履修した授業では、人が無意識にとってしまう行動を取り上げていました。実は身振り手振りをしないようにする人は会話が続きにくいとされています。こういった無意識の行動を研究することが、私自身の将来の夢と強く関わっているんです。

将来の夢を聞かせてください。

日用品の商品開発で人の生活をより良くできたらいいなと考えています。特に文房具の開発をやってみたいです。もともと自分の手を使って絵を描いたり、モノを作るのが好きなんです。お気に入りのパーツを買ってきてオリジナルのピアスを作ったりもしますし、使いにくいなって思うものも使いやすいように自分で改良とかもします。それがきっかけで商品開発に興味を持ち始めました。多くの人が不便だなって感じている部分をデータ化すると、様々な角度から商品開発ができるのではないかなと思っています。そういった意味で、大学で学んでいることがこの仕事に生かせるんじゃないかと考えています。文房具は生活する上で必ず使うものなので、特に人の生活と深く関わっている部分。文房具の開発を通じて色々な人の人生に関われたら素敵だなと感じます。

全国学生演劇祭の学生スタッフをしています

学外で何か取り組んでいることはありますか?

全国学生演劇祭の学生スタッフを務めています。全国学生演劇祭は、札幌、東北、東京、名古屋、大阪、京都、愛媛、福岡の各都市で開催される学生演劇祭を勝ち抜いてきた学生劇団が競い、日本一面白いチームを決める演劇の祭典です。今回は2月下旬にロームシアター京都で開催されます。

どうして全国学生演劇祭に携わろうと思ったのですか?

大学生になって1年間過ごしてそれなりに楽しかったんですけど、大人の方に「大学生活で何をしてきたの?」と聞かれた時に、胸を張って言えることがないなって思っていました。そこで、学外で何か夢中になれることを探していた時に全国学生演劇祭の学生スタッフ募集について知ったんです。高校生の時に演劇部に入っていたこともあって、すぐに応募しました。

具体的にどんな活動をしていますか?

週に1度、学生メンバーのスタッフと集まり、祭典当日どのようにお客さんに楽しんでもらうか、全国学生演劇祭の認知度をあげるためにどうすればいいかなどを話し合っています。広報をどのように行っていくのかはまだ模索中です。SNSはもちろん、出場劇団にチラシの配布をお願いし、全国から演劇を観に来ていただけるよう奮闘中です。大学生が演技をするので、同じ大学生にはもちろん観に来て頂きたいですし、大人の方にも是非足を運んで頂きたいです。

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

北川 星花 (きたがわせいか) 同志社大学文化情報学部文化情報学科2回生

>お仕事を依頼する
生年月日
1996年10月26日
出身地
京都府
チャームポイント
デコルテ
性格を一言で表すと?
気分屋・マイペース
主な活動
全国学生演劇学生スタッフ / サロンモデル
全国学生演劇祭ホームページ
全国学生演劇祭公式Twitter

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

同志社大学 1回生

日本女子大学 2年生

名城大学 2年生

関西学院大学 3回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

早稲田大学 4年生

toTop

当サイトに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.