2022.11.20

【ミス慶應2022特集】杉本綾香(慶応義塾大学)

荒木 美輝慶應義塾大学4年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

応援してくれる方々のおかげで、自然体を出せるようになりました

ミス慶應コンテスト2022に応募した理由を教えてください。

友達のダンスの発表会を見に行ったり、先輩の演劇を見に行ったりして、周りの人が頑張っている姿に刺激を受けたからです。これまであまり自分が表に立つ機会がなかったので、大学生活で何か頑張りたいと思ってミス慶應に応募しました。家族からも「応募だけでもしてみたらいいんじゃない?」と言われていました。

家族の後押しもあったんですね。応募するか相談していたんですか?

世間話みたいな感じで、応募締め切り直前に「そういえばミス慶應の募集あるっぽいよ~」って家族に話していて、その流れのまま1人になった時に応募しました。応募する時はすごく緊張してドキドキしたのをはっきりと覚えています。今まで大きな挑戦をしたことがなかったので、この先どうなるのかなという楽しみな気持ちが大きかったです。

選ばれた時はどういう心境でしたか?

私を含め家族全員が審査に通ると思ってなかったので、メールが来た時は夢なのか疑うくらい本当にびっくりしました。これから新しい日々が始まるんだと思ったことを今でも覚えています。その時はファイナリストになったことを受け止めきれてなかったのでまだ不安は感じてなかったですね。

メールの結果は1人で見たんですか?

その時ちょうど友達とご飯を食べていて、連絡がきた時に友達がトイレに行っていたので1人で結果を見ました。でも、友達が帰ってきてからも報告はしませんでした。自分の中でまだ整理できていなかったし、家族以外の人にミスコンに応募したことは話していなかったんですよ。

そうだったんですね。家族以外の人に話さなかったのはなぜですか?

表に立つタイプじゃないし、友達を驚かせてしまうと思ったからですね。なんとなく恥ずかしい気持ちもありました。

周りの人に報告した時はどんな反応でしたか?

家族は「おめでとう!頑張ってね~」とすごく喜んでくれました。最初はグループLINEで報告したんですけど「おめでとう」っていうメッセージとスタンプだけが送られてきて、思ったよりサッパリしていたのでびっくりしましたね(笑)でも、そのおかげで気が楽になりました。

 

友達に報告した時はすごく驚かれたんですけど、それ以上に「いっぱい写真撮るね!」とか嬉しいことをたくさん言ってもらえてとても心強かったです。報告する時はすごく不安だったんですけど、予想以上にみんなが温かくて安心しました。

応援が支えになりますね!スコンの活動が始まってから意識していることはありますか?

飾らないことです!活動していく中で、自然体を受け入れてもらえることが多いことに気づいたんです。それ以来、ありのままの自分で発信していたほうが楽しいし、受け入れてもらえると思うようになりました。投稿している写真も、友達から「普段の綾香だね。」って言ってもらえます。

最初は自然体ではなかったんですか?

そうですね。始めの頃はどんなコメントが来るかもわからない状態だったので、反応を伺いながら探り探りというか、当たり障りないことを意識していました。去年の先輩の投稿を意識したり、他のファイナリストを気にしたりすることが多かったですね。でも、応援してくれている方からの温かいコメントとかを読んで、飾らなくてもいいんだって思うようになりました。

自然体が出せるようになったとのことですが、普段は周りの人からどんな人だと言われますか?

穏やかって言われることが多いですね。話し方もゆっくりなのでそう思われるのかもしれないです。「怒ることあるの?」ってよく聞かれます(笑)

確かに聞いてて落ち着く声ですよね。ミスコンの活動で楽しいことはありますか?

ミスコンに参加してなかったら出会えなかった人と出会えたり、ヘアメイクやランウェイなど貴重な経験がたくさんできたりすることですね。

 

あとはミスコンに出たおかげで友達のことがもっと好きになりました。配信に遊びに来てくれたり、元気がないときに遊びに誘ってくれたりするんです。「こんなに応援してくれるんだ!」っていう気づきがありました。友達には本当にたくさん支えてもらっています。

素敵な関係ですね!では、フィナーレに向けて意気込みをお願いします。

グランプリを獲って皆さんからもらった応援をいい形でお返ししたいです。活動をしていると、身近な人だけじゃなくて、会ったことない人も応援してくださっているのを実感できるので、そんな方々のためにもグランプリを獲って喜びを共有したいなって思います。

アルバイトを通して人と温かい会話ができるのがやりがいです

ミスコンの大学内で力を入れて活動していることはありますか?

大学の放送研究会の活動です。サークル内で色々な分野に分かれていて興味があるところに参加できるんですけど、私は映画とかドラマが好きなので映像制作をやっています。

具体的にどんな活動をしているんですか?

自分の好きな曲のミュージックビデオを作ったり、ドラマを作ったり、色々ですね。私はRADWINPSの『いいんですか?』っていう曲を使って、サークルの同期に出演者になってもらって恋愛模様を描く映像を作りました。企画から自分で作れるのですごく楽しいです!

面白そうですね!どんな撮影をしたんですか?

男の子が女の子に片思いしている設定にしたんですけど、公園で撮影したり、ボートに一緒に乗ってもらったりするシーンを撮りました。その撮影がきっかけで同期のみんなとも仲良くなれました!

もともと企画したり作品を作ったりすることが好きだったんですか?

好きでしたね。高校時代は演劇部だったので、脚本を考える機会もありました。

一から台本や企画を考えるのは難しそうですね。

思いつかないときは本当に苦しみますね。自分が好きな系統があるのでどうしても前考えた企画と似てしまうんですよ。私のサークルは作品を提出する機会が多いんですけど、その度に違うものを見せたいと思いつつやっぱり似てしまいますね。そこが一番難しいです。

サークル活動で楽しい瞬間はどんな時ですか?

出演してくれた人たちが普段見せない表情をしてくれて、それを映像にできることが楽しいし嬉しいです!あとは年に4、5回くらい発表会があってみんなで観賞するんですけど、その時にリアクションや感想を貰うのが嬉しいです。

学外で何か頑張っていることはありますか?

スターバックスコーヒーでのアルバイトです。朝の6時頃から働くことが多いんですけど、今まで一度も遅刻したことないです!いつも4時半とか5時に起きて出勤しています。早起きの常連さんとたくさんお話しできるので辛くはなく、むしろ楽しいです!

なぜ、スタバで働こうと思ったんですか?

スタバの店員さんの接客で温かい気持ちになった経験があるからですね。高校生の時によくスタバで勉強していたんですけど、店員さんが「テスト期間なの〜?頑張ってね!」って話しかけてくれたんです。その接客が嬉しくて自分もこの仕事をやりたいと思うようになりました。

実際に働き始めてから苦労はありましたか?

研修が終わって独り立ちしてからが一番辛くて、自転車をこぎながら泣いて帰ったこともありました(笑)レシピを覚えられなかったり、コーヒーのおすすめを上手く答えられなかったりしてよく落ち込んでいましたね。

スタバは覚える仕事がたくさんありますもんね。逆にやりがいはどんな時に感じますか?

私の働く店舗は常連さんが多くて頼むメニューも同じ物が多いんですけど、それを覚えておいて来店した瞬間に作って提供するととても喜んでもらえます!それが嬉しいですね。あとは「髪切ったね。」とか些細なことにも気づいてもらえるくらいお客さんと仲良くなれたことです。アルバイトを通して人と温かい会話ができることにやりがいを感じます。



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

杉本 綾香 (すぎもとあやか) 慶應義塾大学 法学部政治学科2年生

>お仕事を依頼する
生年月日
2002年5月7日
出身地
東京都
憧れの人
百田夏菜子さん
チャームポイント
口元のほくろと、たれ目です!
性格を一言で表すと?
穏やかと言われることが多いです!
異性を落とすコツは?
一緒にいる時間を楽しいと思ってもらえるようにします!
主な活動
ミス慶應コンテスト2022ファイナリスト / 放送研究会 / スターバックスコーヒーでアルバイト
Instagram
Twitter

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

内倉 拓海

モデルさんのこれからに繋がるような写真を撮れるよう頑張ります!

>担当モデル一覧はこちら

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

慶應義塾大学 3年生

中央大学 3年生

中央大学 2年生

関西学院大学 4回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.