2020.07.31

【浴衣美女特集2020】大薮未来(中央大学)

佐々木 舞音上智大学4年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

1年生でミスコンに出て良かった!

去年の今頃はミスコン出場中でしたね。グランプリ受賞、改めておめでとうございます。コンテスト後、生活に変化はありましたか?


グランプリになったことでメディアなどで取り上げてもらう機会もあり、多くの方に知っていただくことができました。 それを機に現在はファッション誌の専属読者モデルとして活動をしています。

 

また、知り合いからの紹介をきっかけに韓国の洋服ブランドのモデルをさせていただいたり、バンドのミュージックビデオに出演させていただいたりと様々な活動に挑戦するようになりま した。

昨年のインタビューではモデルになるのが目標と話していました。ファッション誌の専属読者モデルを通じて目標へ一歩近づけたのではと思いますが、実際に取り組んでみての感想を教えてください。

色々なメイクや服を身に付けることで、それぞれ全く違った雰囲気を自分自身で表現できるという点に楽しさを感じています。実際にお仕事を頂くようになってきた今でも目標がモデルであることは変わっていません。

 

もともと姉の影響を受けて服に興味を持ったこともあり、最近は姉と共に服に関する情報交換をしたり、頻繁にお店に足を運んでトレンドを勉強したりと、自分なりに努力を続けています。

 

将来的にはファッション誌の専属モデルなどの形で活躍できたらいいなという気持ちもあるので、今後はより本格的なモデル活動も増やしていきたいと考えているところです。

1年生でミスコンへ出場することへの葛藤があったことも昨年のインタビューで話していましたよね。今振り返ってその経験はどうでしたか?

ミス中央2019特集(2019年10月掲載)より

出場して良かったなととても思っています。ミスコンを通じてでしか味わえなかったような経験をするだけでなく、周囲の存在の大きさなども感じることができ、自分自身が大きく成長できた4か月でした。

 

3年生くらいの学年で出場する方が多いと思うんですけど、就職活動があったり卒業まであまり時間がなかったりと経験を活かしきることが難しいんじゃないかなって感じるところもあって。自分の現状を考えても、1年生で出場できたことの意味は大きかったんじゃないかなって思います。

 

学校に慣れる前からの出場ではあったんですけど、ミスコンに出場していたおかげで周りの友人たちがすごい応援してくれて自然と学校に馴染む機会にもなりましたね。1年生が出るのはインパクトがあることだと思うし、出場者の中で最年少だからこそ周りに頼りやすかったり、観てくださっている方々にも覚えてもらえやすかったり、そういったメリットはあったかもしれません。

 

去年1年生で自分が出場したので「今年も誰か1年生で出場するかな?」って少し期待していたんですけど、出場しなかったですね(笑)

普段明かされることのない私生活。「最近、〇〇をするようになりました!」

本日の浴衣のこだわりポイントは?

去年は白地に紫陽花の浴衣だったんですが、今年は20歳になったので、ちょっと大人っぽい雰囲気のある水色の浴衣にしてみました。赤い色が好きなので赤い帯との組み合わせがお気に入りです!

 

着付けは日本舞踊をやっていた母にしてもらいました。

今年の夏はこれまでと違った過ごし方になると思います。どんなことをして過ごす予定ですか?

それこそ去年は浴衣を着てサッカーサークルの友人達と花火大会に行ったりもしたんですが、今年は花火大会も全部無くなってしまったので先日友達と河川敷で手持ち花火をして遊んできました(笑)

 

でも、夏休みの予定はまだ何にも立てられてないです。 昨年はミスコンの活動でずっと忙しくてほとんど遊べなかった分、今年こそ旅行したり遊びに行ったり大学生らしいことをたくさんしたかったんですが、それも難しそうでとても悲しいです……。

大薮さんのSNSはお仕事や撮影系の投稿が多い印象です。普段の生活も気になる人が多いと思うのですが外出を控えていた期間はどんな過ごし方をしていましたか?

普段は旅行に行ったり友達と外に出かけたりと割とアウトドア派だったんですけど、外出自粛ムードが高まってからはとにかく家にいました。

 

その中で一番変わったのは料理をするようになったことですね。母に教えてもらった料理を作ったり、姉とおうちカフェをして写真撮ったり。それまでスーパーにもほとんど行かなかったのに、その時期はもうスーパーに行くくらいしか外出していなかったです。「外出するためにスーパーに行っていた」と言ってもいいかもしれません(笑)

料理をするようになった人、増えましたよね。得意料理はできましたか?

パスタはよく作っていました。あとはオムレツとかの卵料理も。初めて「kurashiru」っていう 料理のレシピが検索できるアプリを入れてみたりもして、美味しそうなご飯をよくチェックしていました。あんなに料理作ったことはそれまでなかったんですけど実際やってみると楽しかったですね(笑)

 

母の日にはこんな感じでコースも作ったんですよ。



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

大薮 未来 (おおやぶみく) 中央大学文学部人文社会学科2年生

>お仕事を依頼する
生年月日
2000年6月4日
出身地
東京都
憧れの人
中条あやみさん
チャームポイント
性格を一言で表すと?
優柔不断
異性を落とすコツは?
たくさん話しかける
主な活動
ミス中央コンテスト2019グランプリ

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

東京大学 1年生

同志社大学 3回生

同志社大学 2回生

慶應義塾大学 3年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.