2023.12.29

大関ありさ(早稲田大学)「ラジオの魅力にどハマり!アナウンサー志望の美人ワセジョ」

岡本 結子青山学院大学4年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

記事をシェアして応援しよう!

美学生インタビューInterview

フレキャンがきっかけで憧れだったラジオ番組にも出演!

大関さんは昨年、フレッシュキャンパスコンテスト(全国の新入生を対象としたミスコンテスト。以下、フレキャン)に出場していましたよね。まずは応募した理由を教えてください。

アナウンサーを目指しているので、何かその夢に近づくために行動を起こしたかったんです。早稲田大学にはミスコンがないので、大学問わず出場できるフレキャンに挑戦することを決めました。もともとあまり表に出るようなタイプじゃなかったので、高校の友達とかにはすごく驚かれましたね。

活動の中で大変だったことはありますか?

やっぱりSHOWROOMでのライブ配信は大変でした。大勢の人が画面の向こう側にいることを想像しながら話さなくてはいけないので、最初の頃はすごく緊張していたし、喋り方も暗かったです。それでもなるべく毎日続けようと頑張っていました。

配信で心がけていたことはありますか?

素の自分を出すことを意識していました。アニメやアイドルが大好きなので、その話もよくしていましたね。

 

私、3次元のアイドルだとAKB48さんと=LOVEさんが好きなんですけど、SHOWROOMは48グループさんと=LOVEさんが配信しているプラットフォームでもあるので、私がオタク話をしているのを48グループのファンの方が聞いて応援してくれるようになることも多かったんです。趣味が私とリスナーさんを繋いでくれた感じで嬉しかったです。

逆に活動中、辛いことなどはありませんでしたか?

顔も名前も知らない人から色々な意見をもらったりするので、それがたとえ私のことを思って言ってくれているアドバイスでも、なんだか自分を否定されたような気持ちになってポジティブに受け止められなかったりすることはありました。テスト期間と選考期間が被って気持ちが追い詰められてしまった時は、メンタル維持が大変でしたね。

 

でも、応援してくれる人たちの存在に支えられました。私が配信でくだらない話をしても面白く返してくれたり、「そのままのありさちゃんで頑張ってくれたらいいんだよ。」って声をかけてくれたり。最後まで頑張れたのは、 応援してくれるみんなのためにもって思いがあったからだと思います。

フレキャンに出場して良かったことはありますか?

たくさんありますが、フレキャンがきっかけでMBSラジオの『イマドキッ キャンパスナイト』という番組に今年の1月から9か月間レギュラー出演させていただくことができたのは一番嬉しかったです!

 

私、中学生の頃からラジオを聴くのが趣味なんですよ。アニメの声優さんがラジオ番組をやっておられたことがきっかけでハマって、通学時間もイヤホンでずっと聴いていました。大学生活の中でラジオ番組に出演することが目標だったので、お話を頂いた時はすごく嬉しくて、オーディションでプロデューサーさんにラジオ愛を熱く語りました。

ラジオの魅力って何でしょう?

視覚情報がなくても人を楽しませられるところに惹かれますし、生放送の番組だったらリスナーさんからのお便りをリアルタイムで紹介してくれるので、言葉のキャッチボールをしている感覚がすごく好きなんですよね。私自身もめちゃくちゃハガキを送っています(笑)

自らが出演する側になって、何か意識したことはありますか?

女子大生何人かでわちゃわちゃ話す番組なんですが、話が盛り上がりすぎちゃうとリスナーさんがついていけなくなってしまうし、常に聞いている側の気持ちになって考えることは大事にしていましたね。

 

例えば、誰かが「“これ”やばくない?」って言ったら、「今こういう物を指しています〜」って状況を説明したり、「めちゃくちゃ大きい○○がある!」って言ったら、「30センチくらいかな〜」って補足を入れたりして、 リスナーさんがその場にいるように感じられるトークを心がけていました。

将来、どんなアナウンサーになりたいですか?

自分にしかできないお仕事ができるアナウンサーになりたいです。最近、AIのアナウンサーがニュース原稿を読んだりすることもあるじゃないですか。でも、番組の空気感を肌で感じ取って、目線や表情や声色を変えることってAIには出来ないと思うんです。楽しそうに読んでとか悲しそうに読んでとかプログラミングで指示を出したとしても、人間の感情って一つの形容詞で表せない複雑なものだし、それを表現できるのは生身の人間だけなんですよね。そういう部分を大切にしていけるアナウンサーを目指したいです。

どういうジャンルの番組に携わりたいですか?

情報番組のアナウンサーをやってみたいですね。私自身、雑学も含め、情報を知るのが好きなんです。オタク気質なところがあって何でも知りたい!って思っちゃうので、自分の好奇心を活かして情報を最前線で伝えていけたら嬉しいです。

 

あと、報道番組で自分で現場に行って、取材をして、話すことにすごく憧れがあります。。今、アナウンススクールで取材のやり方やコツを教わっているんですけど、 やっぱりレポートってめちゃくちゃ難しいんですよ。説得力のある言葉を人に届けられるようなアナウンサーになれるように、これからも勉強と訓練を続けたいです。

愛あるスタッフさんに囲まれ成長できたワセコレのステージ

大関さんは今年、WasedaCollection(早稲田大学最大規模のファッションショー。以下、ワセコレ)のモデルを務めましたよね。出演のきっかけを教えてください。

ワセコレの運営団体のスタッフさんが、私がフレキャンの表彰式でランウェイを歩いている様子を偶然配信で見ていたみたいで、インスタグラムのDMで声をかけてくださいました。

フレキャンがきっかけだったんですね!ウォーキングは得意だったんですか?

いいえ、全然。ワセコレの練習でスタッフさんが私たちのウォーキングを動画に撮ってくださるんですけど、初めて自分が歩いているところを動画で見た時はなんか気持ち悪すぎて……(笑)私ってこんな風に見えてるんだ?!って驚きましたし、思ってる以上に見せ方を意識しないと他人の目には綺麗に映らないんだなと気付きました。

具体的にはどういったところを意識しましたか?

私は姿勢はいい方なんですけど、逆に反り腰になってしまうところがあって、そこを直すことを意識しました。あとは腕の振り方。普段よりも少し腕を後ろに引くイメージで歩いた方がいいんじゃないかってスタッフさんからアドバイスをもらいました。他にも、止まってポーズを決める時の表情の作り方や視線の送り方も細かく指導してもらって改善を重ねました。

自分自身で成長を実感できた瞬間はありますか?

6月の公演は、衣装も黒で凛としたイメージだったので、その雰囲気に合わせて表情を作れるようになったのは成長だったかなと思います。

 

私は真顔が怖いと言われることがあるので、最初は口元を意識して表情を作っていたんです。でも、リハーサルでスタッフさんに「笑わないで。」って言われて。自分では笑ってるつもりはなかったんですけど、少し口角が上がってしまっていたみたいなんですよね。それで、力を入れるのをやめてみたら「めちゃくちゃいいね!」って褒めてもらえて、凛とした表情のコツを掴むことができたような気がします。

11月の早稲田祭ではどんなショーをおこなったんですか?

テーマは「白昼夢」で、非現実味のある曲や衣装で、ワセコレ2023の集大成となるステージを作り上げました。私は3着の衣装を着たのですが、3着目はデザイナーさんの手作りの衣装で、完成したのがなんと本番当日だったんです!

「王道アイドル」をコンセプトにした可愛いに全振りした衣装で、スタッフさんの愛が詰まっていて一番思い入れがあります。念願のツインテールでステージに立つことができてとても嬉しかったです。

ステージ上ではどんな心境でしたか?

本番ギリギリまでモデルのみんなと円陣を組んで励ましあって、お互いを鼓舞していました。ショーは大隈講堂前の野外ステージでおこなったのですが、ものすごく奥の方までお客さんがいて、ステージに立った瞬間は感動で目が潤みました。

 

練習では「ここでこの表情をしよう」「本番はここを気をつけよう」など色々と考えることが多かったのですが、本番ではそれらが自然にできて、あっという間に終わってしまいました。当日は雨が降りそうだったのですがなんとか耐えてくれて、ステージが終わった瞬間に雨が降り出したので奇跡を感じましたね。

最後に、ワセコレの活動全体を通しての感想を聞かせてください。

まずはキラキラした世界とは無縁だった私をモデルとして選んでいただけたことに感謝でいっぱいです。カメラや客席から見える自分を磨くために研究を重ね、ここまで「他者から見た自分」を意識した時間は無かったように思います。私自身たくさん成長させていただけたことはもちろん、多くの人と協力して一つのステージを完成させる喜びも感じることができました。

また、10月にはワセコレモデル5人で「東京レガシーハーフマラソン」に挑戦するなど、自分ではなかなか勇気が出ない貴重な経験もさせていただきました。愛に溢れたスタッフさんに囲まれ、素敵な環境で活動できたこの1年間は本当に幸せでした!



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

大関 ありさ (おおぜきありさ) 早稲田大学 人間科学部人間情報科学科2年生

>お仕事を依頼する
生年月日
2003年5月23日
出身地
埼玉県
憧れの人
藤井貴彦さん(日本テレビアナウンサー)・指原莉乃さん
チャームポイント
長い首・泣きぼくろ
性格を一言で表すと?
ネガポジティブ!
異性を落とすコツは?
素のままの自分で向き合う
主な活動
フレッシュキャンパスコンテスト2022ファイナリスト / WasedaCollection2023モデル

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

同志社大学 3回生

学習院大学 3年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.