2024.02.22

園村留加(青山学院大学)「憧れの青学に逆転合格!自分磨きで心も豊かになりました」

村田 晏奈関西学院大学4回生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

記事をシェアして応援しよう!

美学生インタビューInterview

真面目な高校時代とは真逆の自由なキャンパスライフ

青山学院大学を志望したきっかけは何ですか?

キラキラしていて楽しそうな大学に行きたいと思ったからです。青学はキャンパスが渋谷にあるし、“あざと可愛い”の権化みたいな新田さちかさんのように、ミスコン出場者もすごく可愛いくて憧れでした!

確かに青学は華やかなイメージがありますよね。高校時代はどんな学生でしたか?

軽音学部に所属していて大会に向けて練習をしたり曲を作ったり、ライブをしたり、とにかく部活に打ち込んでいました。

高校生活はもちろん楽しかったのですが、制服はリボンもなく上下紺色の無地のもので、校則も厳しくスカートは膝丈で。もちろんメイクもしないし、高校が埼玉県内だったので学校帰りなどに色々と寄り道して遊べるわけでもなく、至って真面目な高校生でした(笑)

 

なので大学からは反対に、好きなことや自由な生活をして過ごしたいなと思ったんです!

目標の青学合格までの道のりについて教えてください。

正直、高校1、2年生の頃は勉強は定期テスト前にだけするという感じであまり習慣がなく、成績はそんなによくありませんでした。なので、青学を志望校に設定した2年生の冬は、冗談半分で言ってるとか、モチベーションを保つために高く設定しているだけだと思われるくらいの成績で、実は直前の模試までE判定だったんです。

 

だけど、そこからは周りから「人が変わったね」と言われるくらい固く決心して1年間頑張りました!

当時はどんな生活をしていたんですか?

夜は0時に寝て朝は6時に起き、1時間早く学校に行って勉強し、放課後も予備校でずっと勉強をするという、とにかく勉強しかしない生活でしたね。

 

苦手より得意を伸ばそうと思い、もともと得意だった国語に力を入れて古文単語をひたすら覚えて、模試では時々満点を取れるようになり、最終的に共通テストでは高校の中で一番高い点数を取ることができました。

 

英語は登下校中などにひたすら単語帳を読んだり、ご飯を食べながら参考書を読んだりリスニングをしたり、基礎をガチガチに固めていきましたね。日本史は最後まで苦戦したのですが、中には日本史を使わないで受けられる試験もあったので、自分が受験しやすいようにそういった情報を得ることも必要だなと感じました。

とにかく勉強漬けの1年間だったんですね。挫けてしまいそうな時はありませんでしたか?

成績が伸びないことや、ひたすら勉強するという修行に耐えることはもちろんすごく大変でした。でも、自分のいる位置が低いと分かっていたので、落ち込んでいる暇はなかったです。それよりも、絶対に受かりたいという強い気持ちが勝っていましたね。

 

両親や周りもマイナスなことを一切言わずに応援してくれたので、とにかく自分はできると思い込んで挑むことができました。

無事合格して憧れの青学生として過ごす今の心境はどうですか?

いざ入ってみると勉強だけじゃない様々な魅力を持った、自分より優れている子が本当にたくさんいてすごく刺激を受けますね。明るくて可愛い子、TOEICや資格勉強を頑張る子、将来を見据えて長期間の留学をする子、SNSでフォロワーが数万人いたり自己プロデュースが上手い子など、一人ひとりが向上心が強くて魅力的だなと感じます。

色々な魅力を持った学生がたくさんいるんですね!大学の勉強はどうですか?

法学部に所属しているのですが、法律は生きている限り関わり続けるものですし、授業では実際の事件を元に、物事を論理立てて根拠に基づいて解決の道筋を辿っていくので、論理的に考える練習にもなります。刑事事件だけでなく、消費者法などの身近なことを幅広く学べるのも面白いです。

 

それとサークルではスポーツ系のサークルに入ってみんなでたくさん遊びに行ったり、受験勉強の経験を活かしたいと思って家庭教師のアルバイトをしたりもしました。

 

青学は思った通りの憧れだけじゃなくて実際に入ってこそ好きになるし、今、毎日がすごく楽しいです。これから受験を迎える人には、どんなに成績が伸びなくても物事は思っていれば叶うと思うので、自分は受かると言い聞かせて頑張ってほしいです!

10キロ痩せてアパレルモデルにも挑戦!自分磨きで人にも優しくなれました

大学入学後に力を入れたことはありますか?

3年生に入ってから成人式のためにダイエットをし、約1年間で10キロ痩せました!自分磨きをしたおかげで、今ではサロンモデルやアパレルの仕事などもするようになりました。

10キロの減量なんてものすごい努力ですね……!

まずは食生活を見直して、夜中にラーメンを食べないなど、当たり前の生活をきちんとするように心掛けました。また、気が向いたときに30分くらいランニングや筋トレをしたり、日常的に身体を動かすことも意識しています。

 

そして、モデル活動を始めてからは責任感も湧いてきたので、肌荒れに気を付けたり、目が大きく見えるメイクや自分に似合う髪の巻き方の研究などもしたりするようになりました。素材が特別に良いわけではないから、自己プロデュース力を磨いて、努力で補わなきゃと思うんですよね。今でも気になるところはまだまだあるので、もっと綺麗になりたいです!

向上心の強さも素敵ですね!ちなみにサロンモデルは何がきっかけで始めたんですか?

自己満足でインスタグラムに自分の写真を載せていたところ、美容師の方が見つけて声を掛けてくれたんです。自分でもお気に入りなのですが、髪をボブにしてからサロンモデルのお誘いが増えた気がしていて、最近は週2くらいで活動しています。

 

アパレルモデルに関しては、TikTokでフォロワーがたくさんいる友達経由で始めることになって、今は「HOLIDAY & HOLIDAY」という韓国デザインのアパレルブランドのモデルをやっています。

 

モデルの活動はやっていくうちに自分の写り方や魅せ方が分かってきたり、行った先で色々な人と話せて仲良くなれたりするのが楽しいです!

こういった活動は将来の選択肢としても考えているのでしょうか?

自分磨きの一つとしてやっているだけで芸能界を目指しているわけではありません。でも、努力次第で色々な可能性が広がるのを実感するので楽しいんですよね。

 

今までは自分自身にコンプレックスがあったことで人にも偏見を抱いてしまったり、素直になれなかったりすることがありました。でも、自分磨きなど努力をするようになってからは他人の努力やその思いが分かるようになって、心に余裕が持てるようになったし人のことを受け入れるようになった気がするんです。自分自身が納得のいく姿になることで、人に優しくなれるという大切なことに気付くことができました。

外見を磨いたことで余裕を持つことができて、結果的に内面まで美しくなれたんですね!残りの大学生活でやりたいことはありますか?

旅行をするのが大好きなので、自由な時間がある大学生活の間に色々と行きたいです。それと、センスを磨いてSNSでもっとおしゃれな投稿ができるようになりたいし、人から憧れられる、頼られるような、何事にも動じない自信がある人になりたいです!



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

園村 留加 (そのむらるか) 青山学院大学 法学部法学科3年生

>お仕事を依頼する
生年月日
2003年3月20日
出身地
埼玉県
憧れの人
新田さちかさん田﨑さくらさん
チャームポイント
まつげです!
性格を一言で表すと?
好奇心旺盛
異性を落とすコツは?
たくさん話しかけて相手のことを知る
主な活動
サロンモデル / かき氷屋さんのアルバイト

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

関西学院大学 4回生

中央大学 4年生

早稲田大学 3年生

明治大学 2年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.