2020.09.26

加藤愛梨(中央大学)「夢は雑誌の表紙モデル!フレキャン出場中の美女」

重石 邑菜日本女子体育大学1年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

ライブ配信が日課になっています

今、頑張っていることはありますか?

フレッシュキャンパスコンテスト2020(全国の新入生を対象としたミスコンテスト、以下フレキャン)に出場しています。

 

出場したきっかけは何ですか?

私にはモデルになるという夢があります。大学受験が終わって無事に大学に入学できることになった時に、「その夢を叶えるために、今できることってなんだろう?」って考えたんです。それで、フレキャンに出ることにしました。モデルを目指す中で“大学生”ってことを活かして何かできるって、すごく貴重なことだなって思ったんですよね。

中央大学のミスコンへの出場は考えなかったんですか?

ミス中央コンテストも運営の方に声をかけていただいたので、少しは考えました。でも、大学のミスコンは何年生でも出れるけど、フレキャンに出られるのは1年生だけ。そういうところに惹かれて今年はフレキャンで頑張ろうって思いました。

フレキャンでは今、主にどんな活動をしているんですか?


SHOWROOM(ライブ配信サービス)での配信を毎日頑張っています。

 

決められた期間以外の配信は審査に直接関係は無いんですけど、私は毎日欠かさずに配信するようにしています。毎日続けることによって審査に備えるというか、少しでも多くの人に自分を知ってもらいたいし、何より私のことを応援してくださる方がいるので恩返ししたいなと思っています。

毎日続けているのはすごいですね。大変じゃないですか?

私は結構人と話すことが好きなので、SHOWROOM配信の始まる前日の夜には配信をしている夢を見てしまったくらい、楽しみな活動だったんです。だから、あまり苦に感じてはいないです!

 

一つあるとすれば歌が得意じゃないんですけど、SHOWROOMにカラオケ機能があるので「歌ってよ!」って結構言われることですかね(笑)KARAの『ジェットコースターラブ』という曲を歌った時には、ファンの方に「音程がジェットコースターだね。」と言われました(笑)でも、皆さん優しく受け止めてくれるのでとても楽しく配信しています!

 

結構ありのままの自分で楽しく配信することが出来ているなって思います。あと、このフレキャンに参加して、ファンの皆さんのおかげで思い出すことのできたエピソードがあるんです。

どういうことですか?

皆さんが何の気なしに送ってくださったコメントから、「あ!そういえば昔こういう事があったんだよね。」みたいな話をすることがあるんですよ。応援してくれる皆さんと話す機会が無ければ、幼少期の記憶も忘れたままになっていたと思うので、そういった点でもライブ配信は楽しい日課ですね。

今まで3か月ほど活動してきて、成長したと思うことはありますか?

3か月で本当に色々変わったなと思います。まず、配信を初めてからは確実に話の仕方や相手と話すときの話の広げ方は成長してるし、やっぱり毎日人から見られるわけだから、美容や容姿への意識も高くなりました。

 

この前、ファンの方に「こんなに毎日可愛いとか言ってもらったら、もう嬉しくないでしょ?」と言われたんです。でも、それを言われてから、むしろ初めの頃よりも褒めてもらえることが嬉しいなって気付いたんですよ。そして、そんな自分に驚きました。自粛期間に頑張った筋トレとかランニングとか自分磨きの努力を認めてもらえているような気がするからかなって思っています。

ライブ配信も自分磨きも、愛梨さんには継続力がありますね!

今まで私は好きなことしかやってこなかったタイプで「辛いな、嫌だな。」と自分が思ってしまうことはやってこなかったんです。嫌なことは辞めて、自分がやりたいことに力を入れた方が自分のためになるんじゃないかなっていう考え方なんですよね。

 

SHOWROOMは、自分はファイナルまで残りたいと思ってるからやるべきだし、やらない意味はないと思ってて。こんなに継続してきて、この頑張りは絶対に意味があるなって最近すごく思うんです。今日もこの取材の後、SHOWROOMの配信をします!

モデルの夢への第一歩を踏み出しました!

先ほどモデルを目指していると話していましたが、きっかけはなんですか?

もともとファッションがすごく好きだったんです。小さい頃から洋服もすごく買うし、それを着て出かけるのも好きで。もはやそれが生きがいってくらい、自分の中でファッションは大きなものだったんです。そういう、ファッションへの気持ちとか自分の身長が170cm近いっていうのもあって、モデルになりたいなとふんわりと考えていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

加藤 愛梨(@l_ovepear)がシェアした投稿

 

そう考えていた矢先、高校生の時にダンスレッスンで毎週原宿に通っていると、芸能事務所の方にたくさん声をかけていただくようになったんです。その時から、漠然としていたモデルへの憧れがが具体的な夢に変わりました。

 

でも、残念なことに芸能活動が禁止されている高校だったので、当時は行動には移せなかったんです。高校を卒業してやっと4月から芸能事務所に入ることができました。

たくさんの事務所の中からどうして今の事務所を選んだんですか?

正直どうやって選んでいいのか基準も分からないし迷ったんですけど、既に芸能活動を頑張っている友達にも相談して慎重に選びました。今の事務所は活躍されている有名な方々もたくさんいらっしゃる事務所で、そこに惹かれましたね。「自分もこの事務所で、先輩方のように活躍したい!」と思っています。

実際に芸能活動を始めてみてどうですか?

それが、コロナの影響で全然何も出来てないんです。4月に入ってすぐ世間が自粛ムードになってしまったので、せっかく念願の芸能活動をスタートすることができたのに全然実感が湧いていないです。

 

でも、そこで落ち込まずに、自粛期間は自分磨きのための期間だなって思ってお仕事を貰うためにも、大学生活のためにもだらけないように頑張っていました。もちろん、大学の授業もずっとオンラインになってしまっているので新しく始まったことが両方できなくてもどかしい気持ちもあります。

今後の目標を教えてください!

モデルとしての夢は2つあって、1つ目は雑誌の表紙を飾ること、2つ目は自分の写真集を出すことです。すぐに達成することのできる目標ではないかもしれませんが、少しずつ着実にこの目標に近づきたいです!

 

そして実は先日、フレキャンのSHOWROOM審査でブロック1位になった特典で、雑誌『JJ』に掲載していただき誌面デビューを飾ることが出来ました!夢に一歩近づけた感じがしてとても嬉しいです。

『JJ』2020年11月号

おめでとうございます!愛梨さんが目標達成のために努力していることはありますか?

たくさん写真を撮っていただくことでポーズや見せ方の勉強をしています。モデルさんってお洋服を綺麗に見せることがすごく大事じゃないですか。今まで私はモデルさんになりたいって言いながらも学ぶ機会もなかったので、ちゃんとそういうことを考えられていなかったんです。

 

でも、最近こうして撮影していただく機会が増えてからカメラマンさんに色々と教えていただいて、今まで自分が考えていたよりも自分自身だったり洋服を綺麗に見せるのって難しいんだなって思いました。人から見えるよりも、ポーズが結構キツかったりするんです。こういうのって経験してみなければ分からないことだと思うので、たくさん機会を得ることができてすごく有難いですね。

 

フレキャンに出て、こうして自分の夢に近づくことができている実感を得ることができて嬉しいです。心から参加して良かったと思っています。



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

加藤 愛梨 (かとうあいり) 中央大学経済学部経済学科1年生

>お仕事を依頼する
生年月日
2002年2月28日
出身地
埼玉県
憧れの人
新木優子さん・新川優愛さん・中条あやみさん・ローラさん
チャームポイント
目と唇
性格を一言で表すと?
天真爛漫
異性を落とすコツは?
好き好きアピール(かとぁぃビーーーム)
主な活動
フレッシュキャンパスコンテスト2020出場中
Twitter
Instagram

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

上田 栞

楽しい撮影の中でモデルさんのナチュラルな魅力を引き出せるよう頑張ります!

>担当モデル一覧はこちら

朝倉 杏海

モデルさんの内面を引き出し、読み進めたくなる記事をかけるように頑張ります!

>担当モデル一覧はこちら

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

早稲田大学 3年生

2

MIORI

青山学院大学 4年生

立教大学 2年生

立教大学 4年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.