2019.02.26

武藤奈津子(法政大学)「試合の展開を先読み!プロ野球の実況中継番組のADを4年間続けました」

木下 怜香滋賀大学1回生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

「もう一年頑張ってみな」 先輩の言葉を信じて良かった

大学生活で一番力を入れて取り組んできたことは何ですか?

ラジオ局でプロ野球の実況中継番組のADのアルバイトしていたことですね。
大学に入ってすぐにネットでたまたま募集を見つけて応募して、それから去年の9月まで4年間ずっと続けていました。

ADの仕事内容を教えてください。

試合開始の2時間前に局に入って、スポーツニュースを各誌チェックして選手の情報を集めたり、あらかじめ今日の試合はどういう展開になりそうか下調べをします。

 

例えば、この選手が何百号ホームランとか、今日打てば球団では何年ぶりとか、そういう達成されそうな記録も欠かさずチェックしていましたね。
試合中もスコアをつけたり、少しでも次の展開を予測して臨機応変に情報を集めてアナウンサーやディレクターに情報を提供しなくてはいけないので本当に大変でした。

 

もともと小さい頃から野球が好きだったんですが「マニア」というほどの知識はなかったので、最初はわからないことだらけで選手の名前を覚えるのも一苦労でした。

大変そうなバイトですが、辞めたいと思ったことは?

始めたばかりの頃は辞めたいと思うこともありました。
大学生だと時給の良いバイトを選ぶ人も多いと思うんですけど、このバイトは日給だったんですよ。試合展開によっては延長線になって勤務時間が長引くこともあって……。
でも、お金以上に得るものがたくさんあったので続けて本当に良かったです。

 

実は、大学1年生のシーズンが終わって辞めようか悩んでいた時に、4年生の卒業される先輩が「もう一年頑張ってみな」って言ってくれたんです。
1年生の時は知識がなかったのでやれることが限られていたけど、経験を重ねる中で出来ることが増えるのが自分でもわかってきて。先輩の言葉を信じて良かったなって今は思います。

 

学年が上がるにつれて辞めていく人が増えて、男子が多い環境に戸惑うこともありましたが、4年間このバイトをやりきったことが私の自信になっています。

大学生活でプロ野球12球団13球場を制覇!

もうすぐ大学卒業ですが、何かやり残したことや後悔はありませんか?

サークルに入っておけば良かったなとは思いますね。新入生の時にいくつか新歓には行ったんですけど、なんかノリが苦手で……でも、入っていたらもっと大学生活楽しめたのかなって思ったり。もし入るとしたら、やっぱり野球サークルのマネージャーとかかな(笑)

 

でも、それ以外は特に後悔はないです。自分がやりたいって思ったことには迷わずチャレンジしてきました。
目標に掲げていた「プロ野球12球団13球場をすべてまわる」というのも達成することができました!

13球場すべて制覇したんですか!すごいですね!

大学生活で何かやり遂げたいなと思って、思いついたのがそれだったんです。球場をまわるにあたって周辺の観光も楽しめるし、時間がある今しかできないことだと思います。

どの球場が一番良かったですか?

オリックス・バファローズの準本拠地の「ほっともっとフィールド神戸」ですね。天然芝で、景色が綺麗で。
私が観戦した日は、試合終了後に球場で花火を鑑賞できるイベントがある日だったんです。グラウンドに入ってレジャーシートを敷いて寝そべって花火を見たのが良い思い出です。



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

武藤 奈津子 (むとうなつこ) 法政大学経済学部4年生

>お仕事を依頼する
生年月日
1996年6月4日
出身地
福岡県
憧れの人
祖母
チャームポイント
まゆげ
性格を一言で表すと?
マイペース
主な活動
ラジオ局でプロ野球の実況中継番組のADをやっていました

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

関西大学 2回生

同志社大学 4回生

横浜市立大学 2年生

清泉女子大学 3年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.