2018.06.08

吉村恵里子(同志社大学)「ボサノヴァの歌声と演奏で感動を届けたい!」

坂田 茉世同志社大学2回生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

もっとたくさんの人にこの音楽を知ってもらいたい

今一番、夢中になっていることは何ですか?

歌が好きで「ボサノヴァ」というブラジル発祥の音楽を練習しています。
「ウィスパーボイス」といってささやくような歌い方をするのが特徴の音楽で、恋人の肩を抱いて「君を愛しているよ」とつぶやく様子を曲にしたのが始まりと言われてます。

 

J-POPとかとは違って元気ハツラツなワァー!って音楽ではなくて、聴いている人をうっとりさせるような音楽なんです。カフェなどのBGMでよく流れていたりしますね。

ボサノヴァを好きになったきっかけは?

両親がどちらとも音楽好きで家では昔から色んな曲が流れていたんですけど、ボサノヴァ歌手の小野リサさんがカバーをしている『イパネマの娘』という曲があって、高校1年生の頃に「よく聞く曲だけどなんて名前だろう?」って意識したのが最初だと思います。

 

 

ポルトガル語で歌詞を調べてみると「海岸に美しい女性がいて、すれ違うだけで見とれてしまう」という内容ですごく素敵だなと感じて。メロディともフィットしてるしすごくリラックスできて、「自分でもこの曲をやってみたいな」って思ったんですよね。

練習はどんな風に?

週に1回ボイスレッスンに行っているのと、弾き語りなのでギターも習っていますね。
小野さんは“含み”のある響くような歌い方をされる方で、それを目指してます。

 

今年の5月には「高槻ジャズストリート」という音楽イベントに参加しました。

高槻ジャズストリート

ボサノヴァって本当に良い音楽なんですけど日本ではあまり有名というわけじゃないので、もっとたくさんの人にこの音楽を知ってほしいんです。
大学生の間に上手くなってたくさんの人に私の歌と演奏で感動を届けられたらいいですね。

緊張で頭が真っ白に 一瞬で終わった初めての舞台

ボサノヴァを人前で披露したことは?

高1の頃に学園祭でバンドを組んで演奏しました。盛り上げないといけないのでボサノヴァは1曲くらいだったんですけどね。

 

中学1年生の頃にギターを始めて、いつか舞台で演奏したい!と思って学園祭に向けてドラムとベースが出来る子を探したんです。
でも、バンドって私だけ出来たらいいとかあの子が出来たらいいじゃなくて複数人で一つの音楽にするので、例えば曲の入り方が違うとか、そういう盛り上げ方じゃないとか細かいところで合わないこともあって結構悩みましたね。

本番はどうでしたか?

練習はやるだけやったので自信を持っていこうって3人で決めていました。それでもすごく緊張しましたね。私はボーカルだったので歌詞を間違えたらどうしようとか、ネガティブなことばかり考えてしまって。

 

出番の直前、舞台袖で待ってる時は前の人の演奏を脇で見ないとダメなんですけど、上手かったりするんですよ、その人たちが。友達も見に来てくれているのにその後に出て行ってガッカリさせられないじゃないですか。
だから3人で「大丈夫~…! 大丈夫~…!」って励まし合いながら待機していました(笑)

実際に舞台に出た時は?

吉村恵里子高校文化祭ステージ
緊張しすぎて一瞬、頭が真っ白になって……。でも、覚えています。来てくれたみんなが「頑張れ~!」って言ってくれて、ペンライトを振ってくれたりしてちゃんと盛り上がりました。

 

5曲ほど演奏したんですけど、本当に一瞬で終わりましたね。開演前はあんなに緊張して時間が長く感じてたのに始まるとスッと終わって。すごく練習したので肩の荷が下りたというか、終わった時はそんな気持ちでしたね。

歌詞を理解し自分の言葉に出来れば必ず相手の心に届く

将来は音楽の仕事を?

今はそんな大層なことは考えていなくて、趣味で続けていきたいなって思います。

 

お父さんが楽器好きでその影響でギターを始めたんですけど、たまに一緒に演奏したりもします。私が弾いていたら「一緒にやろか~って」感じで入ってくるんです。私より音楽のジャンルや知識、理論を知っているのでボサノヴァの指導もしてもらっています。

歌う上で自分の魅力や長所、逆にまだ足りないなと感じるものはなんですか?

私の声質は中音域が厚くてハスキーなので、ボサノヴァに必要とされるウィスパーボイスに向いていると思います。それが長所ですかね。

 

足りないと感じる点は、歌で人に感動を届けるには歌唱技術はもちろん大切ですが、歌詞の内容をきちんと理解して自分自身が共感して歌えることだと思います。

 

ボサノヴァはポルトガル語で歌われていますし、文化の違いから日本人には考えられないほどのポジティブな歌詞が多いんです。
翻訳して意味を理解し、自分の言葉にして声を出せれば少しずつ聴いてくれる人の心に届くかなって思っています。

ギターを弾く吉村恵里子

将来こんな人になりたい、という目標はありますか?

結構奥手なのでもっと自発的になりたいですね。
私、ビビりなところがあって、今回の美学生図鑑のインタビュー取材を受ける際にも自分のことを紙にまとめてきたんです。用意してこないと不安で……。

 

まだ知らないことも多いので自分に自信がないところがあって、だから、これから色々なことを知って何でも自分でこなせるようになりたい、もっとしっかり自分を持った女性になりたいなって思うんです。

 

そのために何が必要かはこれから見つけていきたいと思っていますが、音楽以外のこともこれからの大学生活でたくさん学んでいきたいです。



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

吉村 恵里子 (よしむらえりこ) 同志社大学経済学部1回生

>お仕事を依頼する
生年月日
1999年7月31日
出身地
大阪府
憧れの人
小野リサ(ボサノヴァ歌手)
チャームポイント
長い指先
異性を落とすコツは?
いつも笑顔でいる
性格を一言で表すと?
地道にコツコツ
主な活動
第20回高槻Jazz Street出演

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

同志社大学 1回生

関西学院大学 2回生

同志社大学 2回生

京都女子大学 4回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

早稲田大学 4年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.