2013.01.05

【着物美女特集】今中菜津美(立命館大学)

清原 崇弘ベルェベル美容専門学校

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

■着物紹介

【銀通し(ぎんとおし)お召し付け下げ】
今中菜津美さんに着て頂いたものは銀糸を織り込んだ華やかな着物です。淡い赤や黄の花の柄は描いたものではなく織り出しています。昭和30年代に西陣で作られました。帯は 本袋(ほんぶくろ)といって、表・裏を同時に筒状に織った袋帯です。名古屋帯より長いので華やかな変わり結びをしています。明るめのショートヘアなので可愛らしいお出掛け着にコーディネートしました。

 

■撮影協力店紹介

ochikochiya

京都市下京区にあるオリジナル木綿着物とリサイクル着物のショップ。リーズナブルなアンティーク着物から家庭で洗える自然素材の着物まで、普段使いで楽しめるアイテムを中心に多数の商品を取り揃える。また、着物や帯の買取や着付け教室、バックなどの小物の販売も行う。

敷居が高いと思われがちな着物。その中でも特に戦後の急速な生活様式の変化から置き去りにされてしまった「日常使いの着物」に注目し、日本の風土や日本人の体型に合った衣服をこれからの時代にも親しんでほしいというのがお店のコンセプト。

ユーザーの目線でコーディネートから着方、手入れの相談にも載っている。かつて普段使いされていた着物には、楽に、簡単に着る工夫がたくさんあり、それらを今によみがえらせて現代の暮らしの中で「使えるキモノ」を提供している。

店名の「彼方此方(おちこち)」とは古語で「あっち、こっち」という意味。遠いところや近いところ、未来や現在など“あちこち”からたくさんの着物と人が集い、和服の過去・現在・未来を繋いでいく。そんな願いが込められている。

お店の場所は地下鉄烏丸線四条駅と阪急河原町を繋ぐ東西地下道12番出口から徒歩およそ10分。仏光寺通りにある。

 

店名:彼方此方屋
代表:たなかきょうこ
住所:京都市下京区仏光寺通柳馬東入仏光寺東町112-1
電話:075-344-4566
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日、第2火曜日
ホームページ
Facebookページ
Twitter



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

今中 菜津美 立命館大学映像学部3回生

>お仕事を依頼する
生年月日
1991年11月22日
居住地
京都府
出身地
大阪府
憧れの人
永作博美・満島ひかり
チャームポイント
ほっぺ
性格を一言で表すと?
まじめ
異性を落とすコツは?
頑張る
主な活動
役者/モデル
今中菜津美 Twitter
今中菜津美 ブログ
撮影協力:彼方此方屋(おちこちや)

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

辻村 真依子

大学時代に友人に誘われ暇つぶしで参加した美学生図鑑。今では会社を立ち上げ代表に。かけがえのない大学生という時間の美しさを皆さんに伝えていきたいです。

>担当モデル一覧はこちら

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

大学名非公開

大阪教育大学 4回生

立教大学 2年生

同志社大学 2回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.