2023.12.02

【ミスキャンパス立命館2023特集】佐賀涼花

鹿毛 茉弥東京大学1年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

記事をシェアして応援しよう!

美学生インタビューInterview

“ミスキャンっぽくない系統”に若い世代から支持が集まる!

ミスキャンパス立命館に応募した理由を教えてください。

新しいことにチャレンジするのが好きなのと、将来やりたいことが決まっていないのでミスキャンに出ることで何か見つかるんじゃないかと思って応募しました。

 

本当に漠然となんですけど、「有名人になってみたい」という願望もあります(笑)せっかくこの顔に生まれたし、写真を撮ってもらうことも好きなので、ミスキャンがいいきっかけになればと思います。

ファイナリストに選ばれた時の心境はどうでしたか?

電話で告げられた時は、「ああ……!」みたいな反応でした(笑)もちろん嬉しい気持ちもあったんですけど、当時はミスキャンの規模感がわかっていなかったのであまり実感が湧かなかったんですよね。

ミスキャンに出ることについて周りの反応はどんな感じでしたか?

私、よさこいサークルに所属しているんですけど、サークルの人たちにファイナリストに選ばれたことを報告するのがすごくこわくて……。というのも、私は練習統括という幹部の役職に就いていたんです。夏休みには週3で練習を予定していて、まさにこれから頑張っていこうという時期だったので、そんな大事な時にミスキャンの活動もやるって言ったらどんな顔をされるかわからなくて……。

 

でも、いざ伝えてみると、「頑張ってね!」「投票するよ!」ってみんな全面協力してくれる感じで安心しました!

それは良かったですね!お披露目から数か月経ちましたが調子はどうですか?

最初はおじさん世代のファンが大半を占めるのかなと思っていたんですけど、私自身がミスキャンっぽくない系統なこともあってか、意外と若い子がSNSをフォローしてくれているんですよ。

 

Twitterとライブ配信は上の世代向け、インスタとTikTokは大学生や高校生向けという感じで柔軟に使い分けています。他大学のファイナリストと比べるとまだまだとは思うけど、立命館の中ではSNSの使い方は上手い方なのかなと思っています。

最近はストリートスナップ風のカッコいい写真をインスタに載せていますよね。

そうなんです。でも、最初の1枚を投稿する時は少しこわかったんですよ。新しいファン層を掴める可能性がある分、今まで応援してくれていたおじさんたちからの受けは良くないんじゃないかと心配で……。

 

でも、案外そういう自分を見せても変わらず応援してくれる人はいたから、今はもう自分の好きなようにやったらいいんじゃないかと思って色々な写真を載せています!

ファイナルイベントに向けて意気込みを聞かせてください。

最初の頃は「グランプリを獲って何になるんやろ?」って思っていたこともあったけれど、活動する中でサークルの仲間やSNSを通して応援してくれる皆さんの熱いエールを感じて、その期待に応えたいという気持ちが強くなりました。

 

今年のミスキャンパス立命館は色々な個性を持ったファイナリストがいて、ライバルではあるけれど、私は他の5人のこともめっちゃ大好きなんです。グランプリという結果は決まってしまうけれど、最後はみんなで一緒に笑顔で終われたらいいなと思っています。そのために残りの期間、自分に出来る努力を続けたいです。

ライブハウスの魅力にどハマり!推しのバンドを追いかけ全国をまわる

趣味は何ですか?

ライブに行くことです!中でもインディーズのロックバンドが好きで、月に3回くらいはライブハウスに通っています。

実は立命館大学の映像学部に進学したのも、ライブのステージ演出に携わる仕事に興味があって、プロジェクションマッピングなどクリエイティブなことを学びたいという思いがあったからなんです。

本当にライブが好きなんですね!バンドにハマったのはいつからですか?

小学生の時から音楽が好きで、当時はSEKAI NO OWARIが好きでした。

 

ロックバンドにハマったのは中学2、3年の頃です。Saucy Dogっていう有名なバンドを好きになって、そこから他のバンドの曲を聴いていくうちにKALMA(カルマ)という3人組のロックバンドに出逢ってどハマりしました。去年はカルマを追いかけて全国のライブハウスをまわったくらいです!

関西以外のライブハウスにも足を運ぶんですね!

ちょっと有名なインディーズバンドって地方のライブハウスをまわる活動をするんですよ。年間に20本くらいライブがあったんですけど、ほとんど駆けつけたと思います。カルマ自身が北海道在住のバンドなので北海道でのライブにも足を運んだし、南は福岡にも行きました!

そんなに何度も行って飽きないんですか?

ライブごとにセットリストも対バン相手もMCの内容も違うから、全部見たいんですよ(笑)

 

歌もMCも一つひとつが心に響いて励まされるし、日常の中にライブがあると「生きてて良かった」「また明日からも頑張ろう」って思えるんです。大きな会場と違ってライブハウスはアーティストとお客さん、そしてお客さん同士の距離も近くて魅力的だなと感じます。

素敵ですね!最近はライブに行きましたか?

サークルやミスキャンの活動が忙しくてなかなか行けない日々が続いていたんですけど、ちょうど昨日、最近ハマっているKOTORIという4人組ロックバンドのライブに行きました!すごく激しくて鼻を蹴られてあざも出来たんですけど、めちゃくちゃ楽しかったです(笑)

 

KOTORIは今一番推しているバンドで、応援ソングや恋愛ソング、激しい曲、優しい曲、色々なジャンルの曲があって、どんな気分のときもKOTORI一つで“こういう音楽が聴きたい”という願望を叶えてくれるのがいいです。皆さんもぜひ一度、ライブへ足を運んでみてください!



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

佐賀 涼花 (さがすずか) 立命館大学 映像学部映像学科2回生

>お仕事を依頼する
生年月日
2003年9月25日
出身地
広島県
憧れの人
尾崎世界観さん
チャームポイント
性格を一言で表すと?
自由人!
異性を落とすコツは?
全部を知られない女性!
主な活動
ミスキャンパス立命館2023ファイナリスト / よさこいサークル
X
Instagram

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

水野 雄太

美しい一瞬を可視化すると新たな価値が生まれます。時間や場所を超えて真価を伝えられる、そんな写真を撮っていきたいです。

>担当モデル一覧はこちら

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

法政大学 3年生

法政大学 4年生

関西学院大学 4回生

立命館大学 4回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.