2016.07.21

京都 辻田真綺 @京都工芸繊維大学

top_handa_rie
半田 理恵早稲田大学1年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

『一級建築士は足の裏についた米粒だ。』

京都工芸繊維大学に進学しようと思った理由は?

小さい頃から“ものを作ること”に興味があって、図画工作が好きだったんです。進学先を考える時には自分が理系だったということもあって「デザインや建築を学べる大学に行きたいな」とぼんやりと思っていました。中でも京都工芸繊維大学を選んだのは、「デザイン」と「建築」両方を学ぶことができることが決め手でした。この大学では、1回生の前期は両方の分野を幅広く学んで、後期にどちらのコースに進むかを選べるんです。私は最終的に「建築コース」を選択しました。

どうして「建築コース」に?

んーデザインより建築の方が分野が狭いというか、デザインの中に建築があるイメージなんですよね。どうせ勉強するなら、より専門的なことを学びたいと思ったのが「建築コース」に進んだ理由です。

建築コースではどのようなことを学んでいますか?

模型を作ったり図面を描く授業もあれば、構造力学のような物理系の授業、教授が過去に建築してきたものを例に設計について学ぶ授業などもあります。最初は「スチレンボードって何?」「ケント紙って何?」というくらい無知でしたが、先輩や友達に聞いたりしながら頑張って課題もこなしています。最近はカフェや集合住宅の設計の課題に取り組んでいるところです。

建築コースの人は卒業後、どのような進路に進むんでしょうか?

ゼネコン(建設会社)や建築事務所へ就職する人が多いみたいです。8割くらいは大学院に進学して、一級建築士の資格取得を目指します。私自身も今のところ、大学院に進むことを考えています。

辻田さんも一級建築士の資格をとるんですか?

その予定ですね。ただ、うちの大学のある教授がこんなことを話してたんですよ。『一級建築士は足の裏についた米粒だ。』って。この業界では昔から、一級建築士の資格を揶揄するものとしてこの例え話が使われているそうです。

ん?『足の裏についた米粒』ってどういう意味ですか?

とらなかったら気持ち悪いけど、とっても食べれない__要するに、「資格をとらなかったらどこからも求められないけれど、資格をとったからといって建築家として飯を食っていけるわけじゃない。」ということが言いたいんだろうなと私は解釈しました。

夢は自分の建築した家に住むこと

辻田さんは将来、どのような職業につきたいと考えていますか?

まだ明確な将来像はないですが、建築やデザインに関連した仕事には就きたいと思っています。半分仕事で半分趣味のような、とにかく好きなことを仕事にしたいですね! あと、これはまだずっと先の話になりますが、ゆくゆくは自分の建築した家に住みたいと考えています。この夢は1回生後期のコース選択の際に目標に掲げて、親にも話しました。

おお、それは素敵な夢ですね!どんな家を作りたいとか、何か理想はあるんですか?

小さくてもいいから、自分たちのこだわりを詰め込んだ家にしたいなとは思います。正直言うと、今住んでいる家が好きではないんですよ。住宅メーカーが建築した家ってどんな人にも合うように設計されている分、とても画一的で、その家に住んでいる人の暮らしに寄り添った設計ではなくて。建築家に頼んだらもっと自分のニーズにあった住みよい家を作れるということを知らない人も多いと思うんです。もっと気軽に建築家に相談できる環境になったらいいなと思うし、私自身、居心地であったり住む人の趣味を大切にした空間をプロデュースしていけたらと考えています。

建築・デザインに溢れた大学生活

アルバイトは何をしていますか?

2回生になってから、建築会社でアルバイトを始めました!

建築会社のアルバイトなんてあるんですね!

うちの大学内だと、結構そういった学業と結びついた専門的なアルバイトをやっている学生は多いですね。卒業する先輩の引き継ぎとして募集の話が回ってくることもあります。

アルバイトでは具体的にどういったことをしているんですか?

最初は雑用から始まって、次第に模型作りなどを任されたりもします。あとは、建物を建てるにあたっての資料集めですね。建築予定地の周辺環境や気候などを元に過去の資料の中から事例を集めて社員さんに渡したりします。

サークル活動や部活動などはしていますか?

京都工芸繊維大学の美術部である「noir(ノアール)」という団体で活動しています。100名近くの学生が在籍していて、主に学祭に出店するカフェの設計に取り組んでいます。カフェの内装や看板、お盆などもみんな自分たちでデザインをするんです。

本当に「The 芸大生」な大学生活を送っているんですね。

休みの日も建築の本を呼んだり、インスピレーションを得るために出来るだけ美術館などに足を運ぼうと心がけています。旅行先で出逢った建築物を参考にすることもありますね。去年の夏にフランスへ旅行に行ったのですが、その時は空港の建築デザインに感動しました。北京国際空港とコペンハーゲン空港を経由したのですが、どちらの空港も建築の構造部分(柱など)を意匠的に見せるような造りになっていてとても綺麗でしたね。

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

辻田 真綺 京都工芸繊維大学工芸科学部デザイン建築学課程建築コース2回生

>お仕事を依頼する
生年月日
1996年7月21日
出身地
大阪府
チャームポイント
まつげ
異性を落とすコツは?
頑張って喋りかける
性格を一言で表すと?
サバサバ
主な活動
美術部noir(ノアール) / ダンスサークルcapoero(カポエロ) / アルバイト(建築会社・予備校のチューター)

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

甲南大学 1回生

同志社大学 2回生

千葉大学 1年生

大阪医科大学 1回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

早稲田大学 4年生

toTop

当サイトに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.