2019.01.13

阿部楓(東北福祉大学)「平熱は35度?!古着屋『35degree』のオーナーを務めるオシャレ女子大生!」

百田 航洋名古屋市立大学1年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

“やりたいことは今やろう” 大学2年次にファッションショップを立ち上げ!

楓さんは古着屋のバイヤー兼オーナーをしているそうですね。

35degreeというショップです。35degreeって書いて、「サンジュウゴド」と読みます。

 

35度って私の平熱でもあって、熱すぎず、温すぎずやっていきたいなって気持ちが込められています。
オーバーサイズの商品を扱っていて、ピチッとしたものより、ゆるい雰囲気でやりたいってコンセプトです。

35degreeはどのような形態で運営されているんですか?

BASE(ベイス)っていうアプリがあって、メルカリとかよりもショップ寄りのがあるんです。そこでホームページを作成してネット販売って感じですね。

 

古着屋なので、商品を買い付けて、撮影なんかもします。年末年始は福袋とかも売ったりしてました。ハンドメイドのアクセサリーも売ってますよ。

アパレル業界に足を踏み入れたのはいつからなんですか?

昔から「やりたいことは今やってみよう」という精神があったんです。
それで、大学に入学してから古着屋で働きたいと思って、自分の好きな雰囲気の古着屋を探して、お店にInstagramでメッセージ送ったのが始まりですね。

行動力がすごいですね。まずはお店で働くことから始まったんですね。

今もそのお店ではバイトをしていて、もう3年目です。

 

大学1年生の冬に新店がオープンしたんですけど、そのお店を任せられることになって。オーナーにはこの業界に興味があることを話していたので、開店と同時にショップのいちばん上の立場としてお店全体を見る役割を任せられました。
毎日のようにシフトが入っていたんですけど、自分のしたいことを発揮できる場所でもあったので頑張ることができました。

35degreeを立ち上げたきっかけはどのようなものだったんですか?

自分のコンセプトでお店出したいなと思っていたんですよ。大学2年生の春ぐらいだったと思います。

 

それからカフェのバイトを掛け持ちして、お金を貯めて、ショップを出したのがその年の2月くらいですね。
その頃には任せられていたお店にも別の店長が来たので、今は35degreeをメインで頑張っています。

起業したということで周りの反応などはどうでしたか?

女子大生で起業する人って少ないと思うし、周りにもいなくて、「何やってんの?」って人もいれば、「すごいね」「頑張ってるね」って言われたりと色々ですね。
でも、やりたいことをやった方が勝ちだなって思ってます。

 

あとは……「45度だっけ?」とかよくイジられたりしますね(笑)

ショップに関心を持ってもらうためにモデル活動も!

楓さんのInstagramを拝見しましたが、被写体の活動もしていますよね。自分をアイコンにすることについてはいかがですか?

集客に繋げられたらって思ってます。
私のスタイリングとかを見てもらって、いいなって思ってくれたりとか、ショップに興味を持ってもらえるようなブランディングをしたいですね。

 

被写体は自分からやろうと思って始めたんですか?

えっーと、いちばん最初にやり始めたのは声をかけてもらってですね。スカウトもあったりしますし、サロンモデルとかだと、「こういう人いない?」って感じの紹介伝手でお話いただいたりしてます。
これからも自分を表に出すようなことは積極的にやろうと思っています。

今日のファッションのポイントを教えてください。

阿部楓今日のファッション
ミリタリーが好きなんですよね。下もドカンパンツで、ニットも緩めで、すごいオーバーサイズ。
アクセサリーも自分で作ったやつですね。全部大きめ(笑)そういうのが好きなんですよね。

美学生図鑑の読者に対して何か宣伝があればどうぞ!

高校生から大学生をターゲットにしてるんで、ぜひ35degreeをポチッと見ていただきたいですね。
古着もいま流行りだと思うんで、多くの人に見ていただきたいです。

仙台はいい街!でも、もう少し刺激が欲しい

北海道出身だそうですが、どうして仙台の大学に進学することにしたんですか?

母も東北福祉大学を卒業していて、仙台はいい街だから見てこいって言われて進学することにしました。
本当は東京に住んでみたいという憧れもあったんですけど、仙台に来てみて、すごく住みやすくていい街だなって思います。

 

けど、もっと色々やってる人がいてもいいのになって思うこともあって、やっぱりそこらへんは関東の方が多いですよね。

どういったところにそんな印象を抱きますか?

まず起業している人が周りに少ないことですね。自分でブランドを持っている子もいないし、やろうと思っている人がいない。
情報とか刺激が欲しいなって思っちゃいます。そういうのあればもっと盛り上がるんじゃないかなって思いますね。

将来はどうする予定ですか?

大学を卒業したらひとまず就職しようと思ってます。副業でショップを並行していきたいとは思いますが、独立するかどうかはまだ分からないですね(笑)

すると、今は就活中ですか?

そうですね。副業できるかどうか聞きながら、ブライダル関係を中心に就活中です。家族のこともあって札幌で仕事を探しています。
今のショップもどこまでやれるか分からないないので、最低5年くらいは働いてみてそれから考えたいですね。



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

阿部 楓 (あべかえで) 東北福祉大学総合福祉学部心理学科3年生

>お仕事を依頼する
生年月日
1997年4月28日
出身地
北海道
憧れの人
戸田恵梨香
チャームポイント
ホクロ
性格を一言で表すと?
負けず嫌い
主な活動
古着屋「35degree」(サンジュウゴド)バイヤー兼オーナー
阿部楓 Instagram
35degree Instagram

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

早稲田大学 1年生

法政大学 3年生

摂南大学 1回生

同志社女子大学 2回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.