2020.11.20

「1人で出来ないことも6人だから乗り越えられた」岩元こころ(ミスキャンパス関西学院2019グランプリ)

石川 真衣立教大学1年生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

 

ミスキャンパス関西学院2019グランプリの岩元こころちゃんが1年ぶりに美学生図鑑に登場!
当時の心境やファイナルイベントの思い出について振り返ってもらいました。

 

1年前の記事はこちら:
【ミスキャンパス関西学院2019特集】岩元こころ

 

 

ファイナリストは共感しあえる貴重な存在

グランプリ受賞から約1年が経ちました。今、振り返ってみて、岩元さんにとってミスコンはどういうものでしたか?

たくさんの方と出会って絆を深めることができたなって思います。

 

もともと大学で私、友達が少ないっていうのもあったんですけど、ミスコンに出たことでSNSで繋がって応援してくださった方とか、ファイナリストのみんなや実行委員のみんな、私の周りに刺激的な繋がりがたくさんできて成長できたなと思ってます。

そもそも、どうしてミスキャンパス関西学院にエントリーを決めたんですか?

やっぱり一番は、大学で一緒に一つのことを頑張れる友達がほしいなって思ったのがきっかけ。

 

もとからいた友達とかが他大学のミスコンに出ていたこともあって、結構しんどそうな面とかも見てはいたんですけど、それでもすごく頑張ってグランプリに輝いた姿を見て、そんな辛いことも乗り越えて輝いてる姿って本当に素敵だなって思ったので、そういうのもあるんだと思って応募してみました。

ミスコン出場者はすごく注目されますが、人前に立つことに抵抗はなかったですか?

もともとスポーツ(フィギュアスケート)をやっていたり、1年生の時は地元の地方局でリポーターをさせていただいていたり、人前に立つ機会は多かったんです。

 

それが大学でってなると怖かった部分もありました。でも、仲間がいるって思って。フィギュアスケートって個人競技で1人で氷の上に立たないといけなかったんですけど、ミスキャンは仲間がいる、6人だから大丈夫っていう安心感がありましたね。

半年間の活動で一番印象に残ってることは何ですか?

もちろんイベントで応援をしてくれる人と実際にお会いできたっていうのも印象に残ってるんですけど、ミーティングが一番印象に残っていますね。

 

秋学期には週に1回みんなで話し合って、どうしたらもっとミスキャンパス関西学院のことを知ってもらえるかなって考える時間がすごく良かったです。

出場者同士でそういう話もするんですね。“ライバル同士”って感じもするんですが……


私たち、集まったら楽しく会話もするし悩みの相談もしてました。

 

ライバルって意識はあんまり私にはなくって、6人でミスコンを作り上げて、「2019年度はすごくよかったね!」って言ってもらえる年にしたかったので。当事者たちって6人しかいないから深い話とか共感し合える部分もたくさんあったので、すごく貴重な存在でした。

ライバルではなく“支え合う仲間”と感じていたんですね。


私、エントリーナンバーが1番で、舞台に立つときも一番初めに出ることが多かったんですね。なんですけど、頼りない存在だったので、立ち位置を間違っても「ウチらが合わせるから好きなところ立っていいよ!」って感じですごくみんなが優しかったので、ミスコンってギスギスしてそうとか言われるんですけど、本当に仲が良かったなと思います。

そんな6人の中で、見事グランプリに輝いたわけですよね。

今、振り返っても信じられないです。特に後半はスケジュールがキチキチで1個ずつ終わらせることに必死だったので、イベントの前はグランプリがどうとかじゃなく無事に終わるのかなって心配が強くて。

 

去年は途中でファイナルイベントの会場が急に変更になって、開催できないんじゃないか?って不安もあったので、無事に終わったこと自体が奇跡だし、動いてくれた皆さんに感謝してます。

今だから言えるんですけどファイナルイベント前日の夜に……

ミスコンの活動の中で大変だったことは何ですか?

私、もとからあまりSNSが得意じゃなくて結構悩みました。私たちの大学はTwitterの投稿は毎日っていうのが原則で、写真の選別とか文章とかたくさん悩んで、苦戦したかもです。

SNSというと、迷惑なコメントや誹謗中傷もあると聞きます。

ありましたね。もうホント言えないこととかもあって。私たち、ダイレクトメッセージの返信は出来ないんですけど読むことは出来るんです。そこでは結構すごいのがあったり……(笑)

 

今年のミスコンを見てたら各大学、実行委員さんが注意喚起の文章を載せてると思うんですけど、私、去年は「こうしてみたら?」とか「こういうのが好きだな。」って言ってくださる方がいたら、それは一つの意見としてありがたく受け取らせていただいてたし、取り入れてましたね。

では、ファイナルイベントについて。当日の朝はどんな気持ちでしたか?

もう不安でいっぱいでした。というのも自分の出番が仕上がってなさすぎて。1人で出る時間は10分頂けるんですけど、最初にこれやりますって言ったことがあまり上手くいきそうになかったので、練習期間の途中で変えたんです。

 

他大学なんですけど関西大学では、ミスコン出てる人全員で踊るんですよ。それがすごく羨ましくて、私も友達を呼んで踊りたいなって思ったので一緒に地元のテレビ局でリポーターを務めていた友達や他大学のミスコンに出てた友達と一緒に踊りました。

本番が迫った中で内容を変更したら大変だったんじゃないですか?

それぞれが忙しく活動してたので、今だから言えるんですけど、ファイナルイベントの前日の夜にテレビ電話で合わせたのが初めてで。それもテレビ電話がグダグダで。ズレたりするじゃないですか、音楽とかも合わなくて。

 

会場へ下見に行ったファイナリストもいたんですけど私は初めてでどんな場所かもわからなくて、早朝に行って会場の雰囲気を見て、一緒に踊ってくれる子たちとずっと廊下で練習して、当日の朝、やっと初めて3人でちゃんと合わせて(笑)

会場を見た時はどうでしたか?

初めて舞台に立って見た時は「近い!」って思いました。一番前の方と本当に近くてこれ大丈夫かな……って。ちょっと距離があれば安心できる部分もあるかもしれないんですけど、意外とこれ緊張するなっていうのはすごく感じましたね。

実際にお客さんの入った舞台に立った時はやっぱり緊張しましたか?

本番が始まったら真っ暗の中スポットライトが当たってるんですけど、ライトがまぶしすぎて観客の方が全然見えなかったんですよ(笑)白い光が見えてるだけで。

でも、お客さんの顔の反応とかも見えた方がこっちも反応できるし、いつも来てくださる方がいたらその方に向かって手を振ったりとかも出来るじゃないですか。何回かお会いした人がいたら「来てくださってる!」って思うんですけど、最初は慣れるまではどこでやってるんだろう?って感じはありました。慣れてきたら友達とかを探す余裕が出てきて、友達見つけた瞬間は心強かったですね。

本番は上手くいきましたか?

早着替えが途中であったんですけど1分の間で着替えなくちゃいけなくて、それもすごく心配で。後ろが編み込みになっていてリボンをするタイプの衣装だったので時間が掛かるんですが、実行委員さんが猛スピードで仕上げてくださいました。待たせてしまうのは観客のみなさんも「え?」ってなっちゃうので不安があったんですけど上手くいきました。

パフォーマンスが終わったあとは「やり切った!」という感じですか?

自分の出番が終わったら、まだ手紙、スピーチを読むのが待ってたので、それを覚えなきゃってなりました(笑)覚えてたんですけど、最初の自分の出番にすごく集中してたので、それが終わった瞬間に次はこっちだ!と思ってウエディングドレスを着せてもらいながら必死に練習をしてましたね。

みんなと一緒だから乗り越えられた

それが終わったら賞の発表ですね。スポットライトが当たってグランプリに選ばれた瞬間はどんな気持ちでしたか?

ドッキリなんじゃないかって感じもあったんですけど、当たった瞬間はビックリしました。そしたら友達の声とか聞こえてきて感謝の気持ちで胸がいっぱいになったのは覚えています。

 

その時は本当に「ありがとう」って気持ちでしたね。半年間、私だけじゃなくて周りの方も本当に、投票とか協力していただいたので「ありがとう」っていう気持ちが芽生えたと思います。

やっぱりグランプリを獲りたいって気持ちはありましたか?

最初の頃はあまりよくわかってなかったっていう部分もあって、みんなで楽しく出来たらいいかなって思ってたんですけど、友達とか周りの方が応援してくれてるし「こころちゃんなら獲れるよ!」って言ってくれて。

こんだけ応援してくれてるんだったら自分だけ楽しめたらいいやじゃなくて、最大限自分が出来る頑張りはしないといけないなと思ってたので、協力してもらった分、結果は全てではないんですけど結果を残せたのは本当にありがたいし、良かったなって思います。

改めて、ミスコンを通して得られたものって何でしょう?

1人で出来ないことも何人かいたら乗り越えられるなってすごく感じたので、人との繋がりって大事だなって。途中で辛くなってもう無理じゃないかなって思った時期もありましたし、本当に私でいいのかなって思って辞退とか悩む時もあったんですけど、本当に最後までやり遂げて、あの6人のファイナリストのみんなで良かったなって思います。

今、3年生なんですけどこれからあと1年ちょっと大学生活がある中で、ミスコンという存在は大きいと思うので、一生忘れないと思いますし、大切な思い出が出来たのは嬉しいです。

最後に、今まさに頑張ってる今年度のファイナリストたちにエールをお願いします!

色々とハプニングとかありますし、悩むこともあると思うんですけど、本当に無理だけはしないで、最後まで楽しんで頑張ってほしいなと思います。応援してます!

 

 



スポンサーリンク

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

岩元 こころ (いわもとこころ) 関西学院大学法学部法律学科3回生

>お仕事を依頼する
生年月日
1999年5月12日
出身地
兵庫県
憧れの人
周りにいる友達
チャームポイント
性格を一言で表すと?
マイペース
異性を落とすコツは?
とりあえず友達に相談する
主な活動
ミスキャンパス関西学院2019グランプリ / 第29期サンテレビガールズ / セント・フォース関西所属

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

長洲 悠紀

その人の新たな一面や挑戦に繋がる一枚を撮れるように頑張ります!

>担当モデル一覧はこちら

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

東京大学 1年生

同志社大学 3回生

同志社大学 2回生

慶應義塾大学 3年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

青山学院大学 3年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.