2016.11.18

東京 石井奈緒 @慶應義塾大学

top_ikebuchi_hinano2
池渕 妃奈乃神戸大学2回生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

全国大会目前での苦い敗戦経験。そして気付いた“卓球が好き”という純粋な気持ち。

大学入学以前は何か部活などはしていましたか?

中学・高校の6年間、卓球に打ち込んできました。元々、小学校ではバスケットボールをやっていたんですが、中学入学のタイミングで別の屋内スポーツがやりたいなと思い、卓球を始めました。

6年間で、特に印象に残っている試合はありますか?

中学2年、そして3年の全国大会出場を賭けた試合です。中学2年生の時、セットカウント2-2の状況で自分にゲーム(ダブルス)が回ってきました。(※卓球の団体戦は、先に3セット取った方が勝利。)そして、そのゲームに勝ち、団体での全国大会出場を決めたんです。初出場だったので、挑戦者の気持ちで挑めた1年目の全国大会……。
そして、「今度は自分がキャプテンとして、2年連続の全国大会出場を果たすぞ!」という気持ちで1年間チームを牽引した2年目。臨んだ最後の大会、去年と全く同じ状況で自分にゲームが回ってきました。しかし、その一戦で、私は負けてしまいました。チームを全国に連れて行くことができずとても悔しくて、今でも忘れられない苦い一戦となりました。

それは、とても辛い思い出ですね。

それで一時は、卓球が嫌になりました。でも、最終的に卓球が良い思い出になったのは、高校時代の部活の仲間のおかげです。高校は決して強豪校ではなかったのですが、素晴らしい仲間たちと共に一勝一勝を積み重ねていくうちに、「やっぱり卓球って楽しいな、好きだな!」って思えたんです。勝ち負けとかではなく、“ただ卓球が好き”っていう純粋な気持ちに気付くことができました。結局、高校時代も卓球に全力を注ぎ、大学入学後もたまに練習をしたり大会に出たりしています!
最近は、公認会計士の勉強が佳境を迎えていて、あまり卓球が出来てないんですけどね。

大学では公認会計士の資格取得を目指す

公認会計士を目指されているんですか?

そうなんです。先程までの卓球の話からすると、意外ですよね(笑)

どういった経緯でこの職業を目指すことに?

実は、大学進学の際も「卓球を続けるかどうか」を部活の入部締切前日まで悩んでいました。部活動見学にも行き、大学の体育会がどのようなものなのかを自分の目で確かめ、その上で、大学ではラケットを握らないという選択をしました。

どういったことが決め手だったのでしょう?

高校までずっと“スポーツ少女”だったということです。だからこそ大学では「別のことにチャレンジしたい」という思いが、私の中では強かったんです。部活に入ると時間がかなり限れてくるなと思ったので、入部しませんでした。

そして、公認会計士の資格取得にチャレンジしたんですね。

はい。新歓期になると、よく「公認会計士になりませんか?」といったビラやティッシュがキャンパス内で配られています。それがきっかけで、会計士の説明会に足を運び、挑戦することにしました。もともと、資格を取ることに興味があったことに加え、公認会計士の合格率は10%以下。医師や弁護士と並んで三大国家資格に位置づけられています。もともと勝負が好きな性格で、試合や受験などのプレッシャーがかかる真剣勝負でしか味わうことができないドキドキした気持ちや達成感が好きなんです。そういった自分の勝負師的な一面から、最終的にこの資格にチャレンジすることにしました。2015年には「ミス鎌倉」に就任したこともあり、自分の将来について迷った時期もありましたが、今は公認会計士のスクールに通いながら日々勉強を重ねています。

地元を違った角度から見つめ直すことができた「2015ミス鎌倉」の活動

ミス鎌倉を務めていたんですね。

はい。「ミス鎌倉」は、神奈川県・鎌倉の魅力を日本及び世界に向けてPRする観光大使で、1985年から現在まで続いています。私は生まれてからずっと鎌倉で暮らしてきたため馴染みがありましたし、何より大好きな地元・鎌倉をPRできることに魅力を感じ、応募しました。

具体的にはどういった活動を行ったんですか?

年間約80回の行事・お祭り等に参加しました。ほぼ毎週末、何かしらのイベントに足を運んでいた感じです。また、県外キャンペーンにも参加させていただきました。特に印象的だったのは、石川県・金沢市で行われた「旅フェスタ2015」です。現地でブースを出し、神奈川の名産品販売のお手伝いをさせてもらったんですが、そこで全国各地のミス(観光大使)の方々と交流する機会がありました。皆さん、本当に熱心にPRされていて素敵だなと思いつつ、「自分も負けていられない」とPR活動にもより身が入りました。

1年間の任期を終えて、どうですか?

20年間住んでいる鎌倉ですが、まだまだ知らないところがあったんだなと思いました。それを痛感したのが、「鎌倉検定」を受けた時でした。(※鎌倉検定=鎌倉の歴史・観光・暮らしなど、多分野にわたりその知識の深さを認定する検定試験。)その検定では、普通に暮らしているだけでは知ることがなかったであろうことがたくさんありました。ミス鎌倉を務めたことで違った角度で地元を見つめ直すことができ、新しい発見もあってとても楽しかったです。
また、観光協会の方をはじめとする鎌倉を愛する方々と出会うことができ、多くのことを学ばせていただきました。本当に貴重な1年を過ごさせていただいたと思います。

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

石井 奈緒 慶應義塾大学商学部3年生

>お仕事を依頼する
生年月日
1995年10月7日
出身地
神奈川県(鎌倉)
憧れの人
母親
チャームポイント
色が白い
異性を落とすコツは?
いっぱい話す
性格を一言で表すと?
好奇心旺盛
主な活動
CPA(公認会計士を目指すスクール) / 2015ミス鎌倉 / 卓球(中学・高校)

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

甲南大学 1回生

同志社大学 2回生

大阪医科大学 1回生

同志社大学 3回生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

早稲田大学 4年生

toTop

当サイトに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

© 2016 Bigakuseizukan Inc.