2015.10.15

【ミスキャンパス関西学院2015特集】新島麻生 @関西学院大学

top_akuta_manami_miss
芥田 愛菜美関西学院大学2回生

前の美男美女

  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0
  • Title #0

リボン

いいね!を押して応援しよう!

美学生インタビューInterview

眠れないくらい悩みました

ミスキャンパス関西学院への出場のきっかけは?

ミスキャンに出場経験のある友達とお泊りした時に「応募してみたら?」って言われたのがきっかけです。私は大学でラクロス部で活動していたんですが、合格通知が来た時は引退直後で筋肉も付いていたし、肌もまっくろくろすけだったので「まさか自分が!」「しかもこのタイミングで!?」とビックリでしたね。嬉しい反面、ミスキャンのようなキラキラした場所は自分の世界じゃないと思ってしまい、最初は合格通知に返事を出来ずにいました。

何が背中を押したんですか?

実は1回生の頃、勇気が出なくて結局見送ったんですが、ミスキャンのスカウトを受けたことがありました。その事をお母さんに話したら喜んでくれたのを思い出し、またオーディションに呼ばれてるって言ったら今回もすごく喜んでくれたんです。というのもお母さんは昔、モデルになろうとしていた事があって、でも結局、家の事や結婚などで本格的には活動出来なかったんです。今でも未練があるみたいで、私がサロンモデルをした時もいいなぁ~って言っていました。「人前に立つ仕事に興味はないの?」って聞かれた事もあって、そんなお母さんの想いを継いで舞台に立てたらと思ったのが一番の理由ですね。

ファイナリストに選ばれたときの心境は?

電話をもらった瞬間、「うれ、しい、です…」って戸惑っちゃって、実行委員の方にも「本当に嬉しいですか?」って言われました。決まっちゃった…、どうしよう…って気持ちの方が大きかったです。初めてファイナリスト全員で集まったときも他の子たちはキラキラしていて「私、違う…、無理…」って感じで…。みんなと一緒に写真に写っても私一人だけ肌が黒かったらどうしようとか、「あいつなんで出てるの?」って言われたらどうしようって考えてしまって、やっぱり辞退しようかなって眠れないくらい悩みました。

グランプリ、なくはない

その悩みをどうやって乗り越えましたか?

ミスキャンでメイク指導をしてくれる先生がいて、相談したんです。そうしたら「自分を好きになって」と言われました。すごくシンプルな言葉だけどグサッと来て、今まで自分の悪いところばかり見ていたなって。その先生に服や化粧品の選び方も教えてもらって、日焼けしてるから似合う色もあるって知りました。細くて白い方が良いとか、可愛い服を着ないと駄目だって思っていたんですけど、“自分らしさ”で輝けるんだって気付きましたね。

あと一ヶ月でファイナルイベントですね。意気込みを聞かせてください。

最近は「ミスキャンモード」というか、自信を持って振る舞えるようになりました。9月に神戸の三宮コレクションで人生初のランウェイを歩いた時も、長いレッドカーペットが敷かれてたりカメラもたくさん集まったりして、一瞬「ヤバイ…!」って思ったんですけど、歩き始めてポーズをしていたらだんだん楽しくなってきて、少し成長したかもって思いました。絶対に勝つと言う自信はゼロですけど、大学2年生からラクロスを始めて去年は全国大会の決勝でも戦ったので、そういう経験が他の人にはない私の強みです。その時のような気持ちを保つことができれば、きっとグランプリ、無くはないかなって思っています。

「絶対にレギュラーに食い込むから!」

どうしてラクロス部に入ったんですか?

1回生の時は他のサークルに入っていたんですが緩い感じで、私が求めているものはこれじゃないって思ったんです。大学生の間に何かを得たいと思ってこの大学の門をくぐったけど、これじゃ卒業の時に誇れるものが無いなって悶々と生活していました。大学から始める人の多いラクロスなら、他の人と同じ土俵で日本一を目指せるなって思って始めたんです。

上手くプレー出来ましたか?

小学生の頃からスポーツをやっていたし足の速さや瞬発力にも自信があったので、自分の得意なところを生かせましたね。でも、あまりチームスポーツの経験がなく、味方に合わせて自分の動きを変える事が出来なくて。戦術を言われてもなかなか理解できなくて「もう一回言ってください!」って何度も聞いてました。それでも分からない事は、家に帰ってビデオをコマ送りで見直して1プレーずつ全部ノートに書くんです。でも、うちのラクロス部は部員が80人以上いて試合には全然出られなくって。戦力外通告を言い渡された事もありました。

それでも諦めなかったのは何故?

努力が無駄になったら嫌だし、後輩に“頑張れば絶対に試合に出られる”って事を見せたかったので。それにベンチに入れたからって両親が試合に来てくれたのに、結局試合に出れなかった時がいっぱいあって。それでも何も言わずに応援してくれるから絶対に諦めたらダメだって思いました。それでコーチには「絶対にレギュラーに食い込むから!」って言っていたんです。そしたら、ある日の練習後、急に「明日使うから」って言われて。「チャンス、やっと来た…!」って思いました。その試合では3得点出来て、そこからレギュラーで出られるようになって、最後の最後、日本一を決める試合もレギュラーで出場しました。

その最後の試合の様子は?

去年12月に東京の駒沢競技場で明治大学と対戦しました。試合に出た時は本当に気持ち良かったです。緊張もしたけど「自信を持ってやれ」って言われたプレーがあって、これまでの自分の力を出し切ろうって気持ちで、絶対に勝てると信じていました。でも、序盤から結構点差が広がってしまって。試合中はみんな負けるとは一切思ってなかったんですけど、結果は敗れて全国の学生チームの中で2位。試合が終わった時は虚無感、無力感、全てを失った気持ちになりました。すごくまとまっていて良いチームだったのに信じられなかったです。

自分の中で気持ちの整理は付きました?

明治大学とはお互い同じ時間が与えられていた。その中で両チームともトップを目指して、日本一を取れるか取れないかの境目ってどこだったんだろうって考えました。その差がチームの力だったのか、個人の日頃の努力だったのか。相手の方が上だった事があったんだなって思うと、ここまでやって来たのにってすごく残念でした。それに今でもラクロスの話をする時、「日本一を目指していました」としか言えない。当然「それで、どうだったの?」って聞かれるけど「日本一にはなれませんでした」って言わないといけないのは、やっぱり悔しいですね。

そんな新島さんに、最後の質問です。将来はどんな人間になりたいですか?

幸せオーラの溢れる人になりたいです。私は向上心の強い生き方をしてきたつもりなんですけど、これからその辺はほどほどにしようと思っています。あれこれ望んでも言い出したら切りがないじゃないですか。そうじゃなくて今ある良い部分をしっかり見て、そこに自信を持って、感謝もする。そんな内面があればキラキラ出来るなってミスキャンを通じて少しずつ感じるようになったので、目の前にある幸せを感じていつも笑顔で感謝の気持ちを持てる人になりたいです。

美学生プロフィールProfile

プロフィールphotos

新島 麻生 関西学院大学国際学部4回生

>お仕事を依頼する
生年月日
1992年9月30日
出身地
大阪府
憧れの人
武井壮
チャームポイント
アーモンドアイ
異性を落とすコツは?
相手の好みに近づく努力をする
性格を一言で表すと?
まっすぐでうっかり
主な活動
ミスキャンパス関西学院2015ファイナリスト(Entry No.3) / 元関西学院大学ラクロス部
Twitter

担当カメラマン・インタビュアーCameraman & Interviewer

辻村 真依子

どうも、美学生図鑑の編集長です。コミュ障で変態なカメラマンです。 美学生図鑑を通し、皆さんの世界が広がるきっかけを作っていきたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。

>担当モデル一覧はこちら

その他の記事もチェック!Popular

特集Special

美男美女検索Search

美男美女ランキングRanking

  • 月間
  • 総合

西南学院大学 2年生

大阪大学 3回生

立教大学 3年生

早稲田大学 2年生

青山学院大学 3年生

青山学院大学 2年生

京都ノートルダム女子大学 3回生

早稲田大学 4年生

toTop

当サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載は固く禁じます。

© 2017 Bigakuseizukan Inc.